ニューヨークでナチュラルライフ、始めました。

否遺伝子組み換え、グルテンフリー、デイリーフリー、ケミカルフリーなどを日々あくせく実験中。

食品添加物について考えるー『食品の裏側』を読んでみて。【ワークショップのお知らせです】

  f:id:akitsun:20160308060255j:plain

 

子供が生まれる前は「食品添加物」なんてちーっとも気にしていなかったのに、生まれてからはテレビを始め、ネットから入ってくる「食品添加物=危険」に一人パニック。もう、ぐるぐる振り回されていました。

で、ネットで読んでもぐるぐるしてしまうので、本を探してみました。

とりあえず日本語でも良いので添加物について知っておこうと。

 

ということで今回紹介する『食品の裏側』という本は、2017年から開催している添加物に関してワークショップを開催することになった、きっかけとも言える本です。

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

 

 この続きも出ているので一緒に購入。

食品の裏側2 実態編: やっぱり大好き食品添加物

食品の裏側2 実態編: やっぱり大好き食品添加物

 

 この二冊本、面白かったです。

 

著者の阿部司さんはもともと添加物を「売る」側にいた方なので、添加物を使えばどんなに簡単に、そして低コストで「食品を美味しくできるか」を熟知している方です。

添加物が入った食品を売ることに命をかけていたのに、ある日、添加物まみれの商品を「自分の子供達」が食べると知ったとき……彼は

 

やばい

このままじゃあいかん!

 

と思われまして、添加物がいかに身体に良くないか、ということを発信することを決めました。

 

本を読んで単純に「じゃあ、無添加ものを買えばいいのね」と思われるでしょうが、そうは問屋は卸してはくれません。

その「無添加」という名前にごまかされて、他の添加物が入っている場合もあると警告されています。

 

じゃあどうしたらいいのよっ!

 

阿部さんはこのように書かれています。

 

「これほど食品添加物が蔓延している世の中では、私たちの食生活から添加物を”ゼロ”にするのは、現実問題として不可能です。(中略)だから、もし添加物がいやなら、それこそ無人島にでも行って自給自足するしかありません。」

でも、そんなこと、不可能ですよね? 実際問題。

 

添加物と仲良くつきあって行くこと。

知らないよりも知っていた方がいい。

そらそうだ。

 

でも、どうやって?!

 

他にも何冊か添加物関係の本を読みましたが、そこには答えは無くて。

あれ?

期待していたあたしが馬鹿でした???

 

そんなこんなで、私は私なりにかれこれ2014年くらいから試行錯誤を繰り返して、自分なりの添加物の辞め方、添加物なしでの調理法則を見つけました。

 

知りたいですか?

全てをお伝えします。

ニューヨーク限定ですが、またしても添加物に関してのワークショップを開催します。

 

○時間:10月22日10時ー12時

○場所:M&M studio nyc

             818 6th Avenue #2N, New York, NY 10001

○料金:30ドル

 

 

興味のある方は下記のフォームからお申し込み下さいまし。

 ワークショップ『添加物とのつき合い方』お申し込みフォーム

 

FBアカウントをお持ちの方は、以下のイベントページからも連絡ができます。

www.facebook.com

 

なんだか本当にここ1年ほど、このワークショップばかりやっているよねえ。

 

今回のワークショップは、この夏、日本に帰って仕入れてきたこともお話させていただく予定です。

 

皆さんとお会いできることを楽しみにしています(^^)

 

 

 

 

 

 

>